話題の初動負荷トレーニング

初動負荷トレーニングとは、神経と筋の機能に着目し、その協調性や相互作用を高めるトレーニングです。

初動負荷トレーニングでしなやかで精緻な動作を追究・獲得できるます。また筋出力を高めながらも、身体への余分な負担が少ないため、安心してトレーニングでき、多くの有益性が初動負荷トレーニングにはあります。

そのため初動負荷トレーニングは、トレーニングの目的も競技力の向上から、健康・体力の維持増進、生活習慣病をはじめとする各種疾患の予防、シェイプアップ、故障等からの機能改善など多岐にわたります。
初動負荷トレーニングは、スポーツ選手はもちろん、体力に自信のない方、女性の方、成長期の子供に高齢者など多種多様の方に向いています。

初動負荷理論に基づいた合理的な動きを、専用のマシンを使用して引き出すことによって、動作のロスやストレス等に起因する身体への余分な負担が少ないことから、目的や身体状況に応じて安心してトレーニングを行えます。

 

筋出力を総合的に上げる

また初動負荷トレーニングは、その高い身体機能改善の効果から、故障の予防や改善目的で実施する方が多いということもあげられます。

他のスポーツジムやスポーツクラブにはない、初動負荷理論に基づいて独自に開発されたB.M.L.T.CAMマシンを使用することで、その効果をより一層実感ます。

そんな初動負荷トレーニングの行える「ワールドウィング リファイン」では、会員ひとり一人に合わせたトレーニングプログラムが提供されています。
初動負荷トレーニングの特徴をもう少しあげてみましょう。筋、神経が外力の入力を受けて活動するなどし、実際に外向きに発揮される力を筋出力と言いますが、その出力を上げるのは運動単位の量なども関わる為、筋力のみではなく、神経伝達、大脳への刺激、関節可動域などといった様々な要因が関係します。

初動負荷トレーニングはそんな筋出力を総合的に上げるのに適しています。