オーダースーツの違い

満足の度合いが違う、オーダースーツ

マネキンのような、ピッタリとしたフィット感で既製品のスーツを着こなすという方はそうそういないでしょう。どこかにピッタリとは合わない難点があるはずです。どれを着ても、だいたいは合っているけれど、あくまでもだいたい…。既製品だとこういう結果なのです。オーダースーツなら、それぞれのサイズに合ったデザインとして着こなせるため、オリジナル性も高くなり、裏地やボタンなどのディテールにこだわる細やかさや、着る方のためのオプションも豊富に揃っています。メインの生地選びと一緒に選ぶ楽しみが広がるでしょう。オーダースーツ製作が初めてで、選ぶことに迷ったら、プロであるテーラーに相談すれば、オーダースーツのイロハがだんだんとわかってくる楽しみもあります。オーダースーツを着ると、そのキレイなシルエットや着心地のよさに、もう既製品は着られなくなるほど。満足の度合いが違います。ぜひ、一生のうちに一度はオーダースーツの製作をおすすめします。

価格が既製品より高いだけの価値はある

日本のビジネスマンはスーツが制服のような感覚になっているといえるでしょう。ですから、だいたいどんな職種の方でも1着はスーツを持っているといわれますが、ある調査では、スーツの平均保有数は3~5着という結果が出ています。毎日スーツを着て仕事をする方にとっては、スーツは必需品であり、質より数が優先という事情からか、6割以上の方が2~3万円台の既製品スーツを購入しているということも出ていますから、実際のところは圧倒的に既製品のスーツを購入している方が多いことがわかります。若い頃は既製品で質より数を選択したスーツでもよいかもしれませんが、ある程度の年代になれば、スーツの生地の良し悪しは見た目でわかってしまいます。ですから、しっかりした品質のオーダースーツを着ることは、他人の見る目と自分の自信の両方を上げることになりますから、価格が高いというだけで敬遠することはどうなのでしょうか。