発展し続ける、新座市のアクセス・交通機関

今後もアクセスが向上する、期待の新座市

北には東武東上線志木駅(敷地は新座市)、中央部北寄りにはJR武蔵野線新座駅があり、特に利用の中心的役割をする新座駅は、駅前が再開発と共に開けており、交通アクセスの良さは抜群です。

とにかく、学校が多く、都心から25km圏内とあって、毎日、駅は学生や通勤者で賑わっており、まさしく首都圏のベッドタウンとして目覚ましい発展を遂げています。

都営大江戸線延伸も計画されていて、都内練馬区光が丘駅から新座市駅(新駅)経由で所沢市の東所沢市駅までを結ぼうというものになります。

新座市駅(新駅)周辺では、来たるべき時期に備えて、新たな大学誘致が行われており、ますますの大規模開発が進むことを予感させる、勢いのある情勢となっています。

市内を走る路線バスも多数運行されており、運行で結ばれている駅は朝霞駅、朝霞台駅、大泉学園駅、ひばりヶ丘駅、東久留米駅、清瀬駅、所沢駅、東所沢駅、武蔵関駅、上石神井駅、吉祥寺で、これだけバス便が充実している市は珍しいかもしれません。

自家用車を使用するにしても、道路は「関越自動車道」「川越街道(国道254号)」が通り、本当にどこへ出掛けるにも交通網は大変充実しているといえる街でしょう。

 

暮らしやすさを提供する新座市の交通網

電車の発車ベルが鉄腕アトムのメロディーで、とても印象的な新座駅。

1番ホーム、2番ホームの両方に、バリアフリーとしてのエレベーターも設置され、ほのぼのとした温かみある雰囲気を伝えています。利用者が急激に増加している昨今、殺伐としていないのは、これらのせいかもしれません。

また、ディズニーランドへの舞浜駅までも乗り換えなしで行けますから、学生が多い若者の街となってきている今、こうしたアクセスの良さが人気を呼んでいるのでしょう。

改札近くを国道254号が通り、送迎もしやすくなっています。公共交通機関の充実により、自家用車があっても、なくても、暮らしやすさを提供してくれるのが新座市の交通網となっています。