長時間の作業の場合にはバッテリーの持ちが重要

出力を基準に選ぶ

空調服のバッテリーを選ぶときに注目すべきなのが出力(電圧)です。

空調服を着る目的は、作業中涼しくしたいからのはず。出力が大きいものほど送風効果が上がって涼しくなるので、空調服の出力は重要なのです。

空調服で出力が大きいものは12V。12Vもあればかなりのパワーですから、涼しいことは間違いないでしょう。12Vとまではいかなくても、10Vあればかなり涼しいことが考えられます。

出力が小さすぎると、ファンを回してもあまり涼しくないということがあり得ます。実際に選ぶときの目安としては、5~10Vくらいのバッテリーを選ぶとよいでしょう。

出力は切り替えできるものがおすすめです。たとえば、6V、8V、10Vと3段階で切り替えできるようになっていれば、そのときに応じて使い分けしやすいと思います。

出力が大きいほどバッテリーの充電が早く減ってしまうので、常に最高出力で使うのではなく、切り替えしながら使うのが安心です。

バッテリーの重さや容量にも注目

空調服を選ぶときには、バッテリーの重さにも注意しておきましょう。

空調服を着るときには、バッテリーを携帯しなければなりません。バッテリーが重たすぎると、空調服を着用するだけで疲れてしまいます。

空調服のバッテリーは、重たいものでは300グラムを超えています。逆に、軽いものでは240~250グラム程度のものもあります。

ただし、バッテリーが重たい方が容量が大きくて安心感があることは間違いないでしょう。バッテリーの重量と容量のバランスを見て選ぶのが賢明です。

バッテリーの連続稼働時間をチェックしておくと選びやすいでしょう。たとえば、10Vでも連続稼働時間が5時間のものもあれば7時間のものもあります。作業時間がそれほど長時間でなければ、連続稼働時間が短くても問題はないでしょう。

逆に、作業時間が長時間に及ぶ場合には、十分なバッテリーの容量が必要です。比較するのは難しいですが、最初は口コミなどを参考に選ぶとよいでしょう。