移住、定住したくなる新座市

市民を巻き込む新座市の市政に脱帽

埼玉県の南西部に位置している新座市。面積は22.78k㎡で、エリアの半分が東京都に隣接していて、武蔵野の面影が色濃い地域性であることや、2鉄道が利用できる利便性の高いことが特長となっています。

年間平均気温は約15.9 ℃、年間平均降水量は約1,449 mmです。人口は16万人以上を抱える県内10位という市になり、市長が出しているメッセージ通り、「住んでよかった、これからも住み続けたい」街として繁栄していることがわかります。このような市を挙げての取り組みから新座市の不動産は人気です。

「雑木林とせせらぎのあるふるさと新座」ということも目指していますから、安らぎのある自然環境サポートをしていることや、生まれてから生涯をこの街で暮らせるような子育て・医療・福祉・介護などにも力を入れている、人が集まって来る街なのです。

何事にも一生懸命な新座市ですから、いろいろなことにPRしていく力も半端ではありません。市民の憩いの場でもあり、観光名所となっている平林寺や野火止用水などの歴史的文化遺産のPR、新座市内にある優れた商品を「新座ブランド」として認定した商品をお土産にするPR、観光親善大使に新座市出身のスポーツ選手、音楽家、お笑い芸人、俳優、料理研究家を起用してのPRなど、全力で新座の魅力をアピールすることに余念がないのです。

市のイメージキャラクターとして、子供が喜びそうな「ゾウキリン」も誕生させています。このように、市民が一体となって新座市を盛り上げていけるような工夫を常に考え続ける市政を行う新座市は、心から安心して暮らせるのではないでしょうか。

 

「農ある暮らし」というテーマで移住を提案

埼玉県というと、首都圏近郊なのに農業が盛んな土地です。新座市も例外にあらず、「農ある暮らし」というテーマで移住を提案しています。農業や移住というとやや大げさで、とりあえず住んでみたいという程度で良いのです。

子供関連の助成金もありますので、詳細を尋ねるだけでも新座市役所の担当部署に出向いてみるのはいかがでしょう。